Interview manners

入試や試験!それぞれに合った面接のポイント。個別指導で成績アップ

就職試験での注意点

細かくチェックされます

ウーマン

面接は、就職活動や転職活動を行う際に、必ず行われる採用試験の一つです。
面接官と向き合い、様々な質問や応答を通して、採用するか否かを判断されます。
そして面接を受ける際には、様々なマナーがあり、それらは細かくチェックされています。
なので、面接で受け答えする内容も重要ですが、同じようにマナーも大切な採用に関わるポイントになります。
例えば、面接をする部屋に入るときのマナーです。
入室するときは、必ずノックをしてから入りましょう。
基本的なマナーとしては、3回です。
強すぎず、弱すぎない力でノックをしましょう。
ノックしたのち、部屋から面接官のどうぞ、の一言が聞こえたら、失礼しますといって入室します。
ドアは静かに開けて閉め、入ったらすぐに一礼をします。
面接を受ける椅子の前まで来たら、面接官に促されてからはじめて座るようにします。
座るときも、失礼しますの一言は必ず言うようにしましょう。
このように、面接がいざ始まるという前にも、とても細かなマナーが存在しているのです。
一つ一つをしっかり意識して行うことで、礼儀正しい人であると判断されますので、気を付けて所作を行いましょう。
他にも、身だしなみのマナーなどもチェックされています。
髪が乱れていないか、スーツにシワはないか、華美なアクセサリーは付けていないか、など様々な服装マナーをチェックされます。
家から出るときに隅々までチェックし、失礼のないように挑みましょう。

覚えておくべきポイント

面接

小学校から中学校、そして高校と進学するにつれて、ほとんどの人が受験を経験したことでしょう。
受験のために1年以上前から必死に猛勉強を行うという人も少なくはありません。
進学する学校によってその後の進路、就職などにも大きくかかわるため、受験はとても大切なイベントと考えられています。
受験は勉強だけではなく、面接を取り入れている学校がほとんどです。
面接は自分がどのような人であるかをアピールする場であり、この面接に重きを置いている学校も存在します。
数々のマナーがあるため、事前にしっかりと把握しておかなければなりません。
面接は待機室から始まっているといわれます。
待機室で落ち着きがなくキョロキョロしていたり、他の受験者と大声でおしゃべりをしているとマナー違反だとみなされる可能性があります。
また、入室時にもマナーがあります。
一般的にはノックを3回行い、中から「どうぞ」と声がかかってから入室するのがマナーです。
ノックをしてすぐに入るなど、あせりすぎは禁物です。
面接に慣れた人ならば、入室から椅子に座るまでの数秒でその人のことがわかるともいわれるほど大切な工程となるため、落ち着いて行動しましょう。
また、面接が終わっても気を抜いてはいけません。
ほっとする気持ちはわかりますが、面接官にしっかりとお辞儀をして退室します。
建物を出るまでが面接と考え、面接の部屋を出たからといって友だちと騒がないようにしましょう。
最後まで好印象を残すことが大切です。

自分の態度を振り返ろう

女生徒

人生を左右する大学の面接を受ける時、あなたは何に気をつけるだろうか。
多くの人は、それまで経験した部活から得たアピールポイントなどの面接で話す内容について考えるだろう。
しかし、面接において最も重要なのは、面接を受けるマナーである。
面接を受けるマナーの一つ目は、時間に遅れないことである。
当たり前のことのように思えるが、中にはこれができていない人もいるため、注意が必要だろう。
多くの面接官は、約束を守れることを必須の条件として挙げている。
万が一、面接時間に遅れそうな場合は、早い段階で担当者に連絡をすることが大切である。
さらに二つ目に大切なマナーは、身だしなみをきちんと整えていくことである。
髪型や爪、服のシワなど細かいところまで気を配り、清潔感のある見た目で行くことはマナーであるだけでなく、面接官の印象も左右する重要な要素である。
特に若い世代の人は、自分の常識と一般的な常識が違っていることもあるため、親などの身近な年上の人にアドバイスをもらうと良いだろう。
また、言葉遣いにも気をつけよう。
日常的に使っている略語や幅広く浸透していない言葉を使うことは避け、分かりやすい言葉を使わなければならない。
加えて、正しい敬語の使用を心がけよう。
自分の知らぬ間に、間違った敬語を使ってしまっている場合もあるため、事前にしっかりと確認しておくと良いだろう。
正しい言葉遣いは面接官に不快な思いをさせないためのマナーである。
面接とは、評価される場であることは間違いないが、それ以前に人と人が出会う場であるということを忘れずにいれば、自然と自分のマナーを見直すことができるだろう。

参考材料として最適

大学生

理系大学の選択で重要となるのが大学での研究内容ですが、理系大学といっても色々あります。そこで大学選びの参考となるのがエフラボです。エフラボは理工系大学の進学サイトで大学教授や企業の方々が行っている開発・研究が紹介されており学生は自分の興味のある分野を探すことができます。

もっと読む

通信制の高校で学ぶ

男性

福岡には通信制高校が数多く存在します。高校を選ぶにはいくつか比較ポイントがあります。まずは学費がいくらかかるかです。教育支援体制がどれだけ整っているかも大切です。また、何が学べるかも重要なポイントとなります。進学コースもあれば、芸術や美容など専門コースもあります。よく考えて選ぶようにしましょう。

もっと読む

比較して最適な塾を選ぶ

学生

塚口には個別指導塾がいくつかあります。費用や評判などから比較して選択しましょう。費用は授業時間や通う回数などによって異なります。また、小学生と高校生とでも費用は異なるので、それぞれ確認してから申し込みましょう。

もっと読む